小陰唇縮小術

  • 2020.05.05

女性器は、大陰唇(だいいんしん)と小陰唇(しょういんしん)によってクリトリス(陰核)、外尿道口(がいにょうどうこう)、膣口(ちつこう)が形成されています。小陰唇とは、大陰唇の内側に接している左右一対のヒダの事を指しており、小陰唇の形・大きさには個人差があります。
小陰唇が肥大していると、擦れて色が黒くなりやすく、また痛みを感じることや大陰唇と小陰唇の間に恥垢というアカがたまりやすく、悪臭の原因になることもあります。小陰唇縮小術とは、肥大した小陰唇をバランスのよい大きさに整え、小さくし、それらのお悩みを解決する手術です。
また色素が濃い外側部分を切除することにより、見た目に色が薄くなったように見える効果も期待できます。