眼瞼下垂治療

  • 2020.04.20

眼瞼下垂とは

眼をパッチリ開かせたい、もっと瞳を大きく見せたい、眠たそうな目といわれた、生まれつき目を開ける力が弱く眠そうな目の方は眼瞼下垂法が最適です。
眼瞼下垂は病気ではなく、上まぶたが下がってきて目が開けにくくなる状態を言います。そのため眉を上げるなどして、別の筋肉を駆使するなどしてまぶたを挙げるようになることから、肩こり、頭痛、おでこのしわが多くなるといった症状が現れるようになります。これはまぶたを挙げる筋肉や腱が弱ってしまうことが主な原因で、先天性(生まれつき眼瞼挙筋の発達が悪い など)、加齢性、ハードコンタクトレンズの装用などが引き金となって起きるようになります。
眼瞼下垂の治療をすることで、頭痛や肩こりの症状が軽減する可能性もあります。