二重術(埋没法)

  • 2020.04.20

一重、奥二重、左右の目が非対称といったことでお悩みの方に適しているとされる治療法で、特殊な細い糸をまぶたの裏側から埋め込んでいくことで二重まぶたを作っていく施術になります。メスを入れることもないので皮膚を傷つけることはほとんどなく、腫れも少なくてすみます。また、施術による二重まぶたが気に入らなかったという場合は、元の状態に戻すことも可能です。

デメリットとしては、元の状態に戻ってしまうことです。なお、とれた糸については医療用の糸を使用していますので、そのまま放っておいても問題はありません。また、時間の経過と共に糸で固定した二重のラインがどんどん下がってきて、だんだんその幅が狭くなっていくといったことがあります。このような場合、再手術を行うか、切開法によって永久的に二重を作るかといったことをご提案することがあります。