院長コラム

サノレックス

2020.05.08

サノレックス

国内で初めて厚生労働省から認可された医療用の食欲抑制剤で、肥満症の治療などに用いられます。
サノレックスは脳の視床下部にある食欲中枢に作用し、食欲を抑制します。
又、ノルエピネフリン用の作用があるためエネルギー代謝を促進させるため、一日中何にもしなくてもエネルギー消費量が増えることになります。
肥満症そのものを治すわけではありませんので、食事や運動でのダイエットと組み合わせることが重要です。