院長コラム

美容外科医の本音①/Real intention①

2020.05.20

カテゴリー
ブログ 美容外科 美容皮膚科 雑感

美容外科医の本音①/Real intention①

以前、自己紹介のブログ(4/16 自己紹介/Self-introduction)や自己紹介のページでもお書きしましたが、大手チェーンの美容外科に10年ほど在籍しておりました。
いろいろな意味で大変勉強になりました。
多くの患者様に恵まれましたので、症例数としては申し分ない経験をさせてもらいました。

ですので、最もポピュラーな二重術をとってみても、恐らく一万症例近くに上るはずです。より一般的なヒアルロン酸やボトックス注射に至ってはその数倍~数十倍になるはずです。そこでの経験はかけがえのないものであったのは事実で、本当に有難いものでした。

ですが、その裏では多くの『ムリ』がありました。これだけの数の手術や処置をこなすのですから、どうしてもどこかに歪みが生じます。いや、そうしないと達成出来ない数字です。

私は日ごろから患者様に「私は手術(または施術)は決して急ぎません。出来うる限り丁寧に慎重に処置いたしますのでご安心ください。」
と申し上げてきました。

私の持てる力の限りを使って丁寧にベストの治療をすることが、私の信条です。

医療の質を落とさないようにする為には予約制限をしなくてはならないのですが、大手チェーン展開する医療法人の上はそれを認めません。電話コールセンターは、どう考えても過剰な予約を入れてしまいます。

雇われ院長の辛いところです。

医師の増員、スタッフの拡充を申し出ても「院の規模からして認められない」という返答があるのみです。

大規模チェーンの美容外科にありがちの実情です。
待合室はいっぱいで、待ち時間も長いクリニックは繁盛している反面、多くの歪み、ムリ、マイナスを抱えているのです。
この件については、また別の機会で、もう少し詳しくお話したいと思います。

画像と内容とは直接の関係はありません(汗)

最後にもう一度、言います!

『私は手術(または施術)は決して急ぎません。私の持てる力の全てを使って、一人一人の患者様に丁寧なベストの治療を致します』

是非、一度カウンセリングにお越しください。

世界一優しいドクターを目指して!
Original Beauty Clinic GINZA
美容外科専門医・美容皮膚科医 佐藤 玲史