アイコン

  • 2020.06.09

アイコンとは、一般的にフォトフェイシャル、IPLなどと呼ばれる光を利用して肌の若返り・活性化を図る治療で、レーザーとは異なり「光治療器」に分類される機器です。この「アイコン」は、他の多くの光治療器とは違い、直接肌にヘッドを付着させ光を照射することが可能です(Direct Cooling)。他の多くの光治療器では冷却のためにお顔にゼリーを分厚く塗布するため、照射された光はそのゼリーを通過しなければならないので、エネルギー効率がどうしても減弱してしまいます。ところがこのアイコンはヘッド自体に強力な...

ハイドラジェントル

  • 2020.05.11

ハイドラジェントル(ハイドラフェイシャル)とは、独自形状のチップが生み出す特殊な《トルネード水流》と《三種類の有効薬剤》によって、ピーリング・クレンジング・美容液導入を同時に叶える最新のマシンです。ウォーターピーリングで透明感あふれる素肌を実現し、お肌に負担をかけることなく、水流の力で余分な皮脂・角質を取り除き、透明感あふれる潤い美肌へと導きます。 ...

美白セット

  • 2020.05.08

シミ・肝斑の改善や美白・美肌に効果的な内服薬と外用薬のセットです。 ビタミン類とトラネキサム酸の内服薬とハイドロキノンのクリームで、定期的に通うことが難しい方だけでなく、レーザー治療や光治療などをお受け頂いている方にも効果を高めるためにオススメです。塗るタイプの日焼け止めとの併用をオススメしております。 ...

ヘリオケア(飲む日焼け止め)

  • 2020.05.08

ヘリオケアは、2002年、スペインのCantabria社から発売されました。その後、ヨーロッパや韓国の皮膚科で広く使用され、現在は34ヶ国以上で販売されている日焼け止めカプセルです。シダ植物の一種から抽出したFernblock(ファーンブロック)という主成分が、日焼けによる赤みや皮膚のダメージを軽減します。また、皮膚癌のリスクを減らす効果もあります。また日焼けを防ぐだけでなく、皮膚を保護し肌の免疫機能をサポートすることで、肌のエイジングケアとしても人気です。原材料に化学薬品を使用しておらず植物...

タチオン錠

  • 2020.05.08

タチオン錠は、グルタミン酸・システイン・グリシンの3つのアミノ酸から成るトリペプチドです。活性酸素を消去する抗酸化作用をもっており、細胞を老化やガン化から守ります。もう一つは、解毒作用です。解毒のメカニズムは、様々な毒物を細胞の外に排出したり、代謝機能にかかわる酵素を活性化させるため、美白、美肌にも効果があります。他にも、肝機能の改善や抗アレルギー作用も期待できます。 ...

サノレックス

  • 2020.05.08

国内で初めて厚生労働省から認可された医療用の食欲抑制剤で、肥満症の治療などに用いられます。サノレックスは脳の視床下部にある食欲中枢に作用し、食欲を抑制します。又、ノルエピネフリン用の作用があるためエネルギー代謝を促進させるため、一日中何にもしなくてもエネルギー消費量が増えることになります。肥満症そのものを治すわけではありませんので、食事や運動でのダイエットと組み合わせることが重要です。 ...

ゼニカル

  • 2020.05.08

ゼニカルは肥満体質をコントロールするための医薬品です。食欲を抑制する薬ではなく、脂肪が体内に吸収されるのを妨げることを目的としています。油っぽい食事で摂った脂質を体内で吸収せずに便として直接排出させる、肥満症・メタボリック症候群の治療薬です。食事と同時に摂取する事により、食事中に含まれる脂質や脂肪分の約30%を消化されること無く体内・内臓を通過させ便として体外に排出することができます。重度の肥満症を改善するため以外に、ウエイトコントロール薬として広く用いられています。 ...

ピコトーニング

  • 2020.05.08

ピコトーニングとは、ピコレーザーを使用したトーニングのことです。ピコレーザーはこれまでのどのQスイッチレーザーよりも、短期間で高い治療効果を発揮する革新的なレーザーです。ピコトーニングはピコレーザーを顔全体に照射する治療方法で、メラニン色素を少しずつ分解、排出してシミやくすみを薄くしていきます。定期的な治療で、肝斑、くすみ、色素沈着、顔全体のシミなどのお悩みをより効果的にスピーディに改善できます。施術を重ねる度に肌自体がトーンアップしていくのを実感していただける治療です。 メラニン色素に...

ピコスポット

  • 2020.05.08

シミといっても顔にできるシミにはいくつか種類があります。多くの方は数種類のシミが混在しているため、そのシミの性質に合わせたレーザー選択が必要でした。ピコレーザーなら、薄いシミ、そばかす、後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)など、顔や体の気になるシミをピンポイントで除去することができます。 ...

ピコタトゥー

  • 2020.05.08

ファッション感覚で、あるいは自分を強く見せようなどと、刺青(タトゥー)を入れる人が増えています。しかし年月の経過とともに就職や結婚に差し支えたり、銭湯や温泉、プールの入場を断られたりして後悔する方も少なくありません。刺青のタイプによっては元に戻すのが難しいケースもありますが、刺青とは気づかれない程度の傷跡に変えることは可能です。従来のQスイッチレーザーでは大きなインクの粒子しか破壊できませんが、ピコシュア(ピコレーザー)は更に小さなインクの粒子も破壊できるようになり、治療回数も従来の約半分で済...