夢の人工血液!

防衛医大の萩沢康介講師などは、大量出血した負傷者を救命する際に必要となる人工血液を開発したと発表した。

実際にはウサギの実験で成功し、今後、人にも使用が出来るようになれば、献血不足の問題、献血による感染の問題などの解消に大いに貢献出来ると考えられます。

そして、人工血液を素早く輸血できれば、重篤な外傷による死者を大幅に減らせるという。

論文を米輸血学誌(TRANSFUSION)に発表した。

Combination therapy using fibrinogen γ‐chain peptide‐coated, ADP‐encapsulated liposomes and hemoglobin vesicles for trauma‐induced massive hemorrhage in thrombocytopenic rabbits

Kohsuke HagisawaManabu KinoshitaMasato TakikawaShinji TakeokaDaizoh SaitohShuhji SekiHiromi Sakai First published: 01 July 2019

人工血液の実現は間近か?

血液の成分のうち、傷口をふさぐ血小板と体の細胞に酸素を運ぶ赤血球の二つが出血で失われると死に至るとされます。従って、輸血によってこれらを補うことになりますが、血液製剤の保存期間は血小板は固まらないよう揺り動かして4日間、赤血球は低温で20日間ほどで、更に血液型ごとに大量に準備する必要があります。勿論、輸血の際には患者の血液型を調べる必要があり、救急救命士などは輸血できず、医師が必要となる、など様々な縛りがあります。

今回、研究チームが開発した血液は、人工の血小板(fibrinogen γ‐chain peptide‐coated)と赤血球(hemoglobin vesicles)からなるもです。それぞれリポソームという細胞膜成分で作った微小な袋に、上記の止血成分と酸素を運ぶ成分を詰め、重篤な出血状態のウサギで試したところ、10羽中6羽が助かり、本物の血液を輸血した場合と同程度だったとのこと。また血液が固まるなどの副作用もなかったとのことです。

この人工血液は、常温で1年以上保存でき、血液型を問わない。

このため、この人工血液が実用化されれば、病院に着く前に事故現場で輸血でき、救命率が上がります。

研究チームの木下学・防衛医大准教授は「離島など十分に血液を準備できない地域もある。人工血液でこれまで救えなかった命を救える」と話しています。

研究成果の論文は(https://doi.org/10.1111/trf.15427)で読むことができます。

実現を切望されます。

クリニックで皆様のお越しをお待ちしております。

A CLINIC銀座 院長・指導医

美容外科専門医・美容皮膚科医 佐藤 玲史

関連記事

  1. 内臓脂肪を減らす「スマート和食」、そのメカニズムとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。