美容外科医の本音④/Real intention④

今回も許される限り、本音を吐露しますね。

先日も患者様から言われました。

『毎朝のアイプチが面倒なので二重にしようと先日ある美容外科に行きました。ホームページで5000円以下で出来るとあったのに、カウンセラーやドクターが入れ代わり立ち代わり入って来たんですよ。延々と説得されて結局60万円のオペを勧められたので、逃げるように帰ってきました』

今、チェーン展開で急成長している大変人気の美容外科です。

またある患者様は、

『CMで「二重手術3万円!」と謳う美容外科に行ったら、貴方の目はこの方法では出来ない、眼瞼下垂がある、皮膚が分厚い、脂肪が多い、など色々な医学的な難しい話をされて、最低30万円はかかりますって言われてびっくりしました』

業界最大手の呼び声も高い、どなたもご存知のあの美容外科です。

何だか書いていながら同じ美容業界にいることが恥ずかしくなってきました。

でも冷静に考えると、恐らく殆どのエステや美容サロン、脱毛サロンも同じようなカウンセリングが今日も繰り広げられているのでしょう。

だからといって正当化されるものでもありませんが。

私も大手チェーンの美容外科に長くいました。このような手法は厳に慎んでいたつもりですが、同じ穴のムジナです。ですから過去を反省しなければなりません。そしてここで本音を述べて対策をアドバイスすることで、その償いが出来たらと考えています。


まず、もし術前に医師やカウンセラーの説明に納得がいかない時は「ちょっと考えさせてください」と遠慮なく手術を延期するようにして下さい。

良心的な医師なら決して美容の手術や施術を無理強いすることはありません。

貴方の大切なお身体やお顔を任せるのですから、しっかりとお話を聞いてくれて、信頼できる医師にお願いをするようにして下さい。

 

更にもう少し掘り下げますね。以下が常套文句です。

①「貴方の目は二重になりにくい、皮膚が分厚い、脂肪が多い」

②「眼瞼下垂がある」「この安い方法だと眼瞼下垂になる」

③「この方法ではすぐ取れてしまいますよ」

④「こちらの方法は『一生涯保障』『永久保証』ですよ」

⑤「一番安い方法では、とんでもなく腫れますよ」

などです。これに続けて、更に言葉巧みに攻めてきます。

「より良い糸を使う高い方法、高度な術式を用いるハイグレードな方法が必要です」とか、

「2点留めではなくて、3点留め、4点留めなどの多点留めにしましょう」「脂肪も取りましょう」となります。また

「眼瞼下垂のオペ、ぱっちり目治療のオペを加えましょう」

「一生涯の保証のある一番良い術式でしましょう」

と言われることがあります。

つまり手術代金がどんどん高くなっていきます(^^;)

ですが、美容外科医の弁護をしますが、どの美容外科でも全くの嘘は言ってはいないと思います、・・・いや、そう信じています。

というのは「貴方の目は、二重になりにくいので…。」ということはよく経験することですし、多点留めにした方が勿論取れにくいです。

ただ、より良い方法があるのならどうして最初からそれをしないのか?、というよりどうして良くない方法を今もしているのか?

更に一生涯保障、永久保証というのはかなり怪しいです。何十年も先までその美容外科が存続しているのかも怪しいですし、同じ素材、同じ術式のオペが何十年も先まで続いているのかも甚だ疑問です。また永久に同じ状態を保ち続ける手術なんてあり得ないと個人的には思っています。患者様の目元の状態は加齢や健康状態などによって常に変化するからです。

最後に腫れについてですが、腫れるか腫れないかについてはいろいろな要素が絡むので難しいです。もともと腫れやすい体質の方もいますし、針糸を通したところに血管があれば内出血(皮下出血)しますので当然腫れは増します。

更に一つ知っておいて頂きたいことのは、もちろん術式によって腫れに違いがありますが、一般的に腫れるものほど外れにくいとも言えます。しっかりと固定すればそれだけ炎症も大きくなり、腫れてしまいます。また多点留めをした方が当然取れにくいですが、必然的に腫れます。

ですので、一概に「腫れないから良い手術」というわけではない、という側面があることも知っておいて欲しいと思います。

最後に、 

私は決して患者様に嘘は言いません

私は決して患者様に無理強いをすることはありません

私は決して患者様に不利益なことをしないと誓います

私は世界一優しいドクターであることを心掛けています

 

皆様のお越しをお待ち申し上げております。

A CLINIC 銀座(月水木土)

A CLINIC 横浜(金)

美容外科専門医・美容皮膚科医 佐藤 玲史

関連記事

  1. 『考える技術』再考

  2. スターバックスに学ぶ

  3. 上野氏の東京大学入学式祝辞

  4. スマホの自撮りで血圧測定が可能に?

  5. 老後2000万円問題

  6. 何故、人はあおり運転をしてしまうのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。